晴雨魚

長崎県佐世保市を拠点に巡り廻る釣り日誌と水槽日誌

IMAG0437

2017/07/29 東浜・俵ヶ浦

久しぶりの釣りカテゴリ更新。
初春から初夏にかけて釣行に出かけていたが、釣れるのはエソばかりと記事になるような結果を残せなかった。今回なんとなく突破口を見つけ出せた気がするのでまとめ。

まず最初に降り立ったのは東浜。AM10時に到着するも人影は無い。
夏の釣りは過ごしやすく釣れやすい朝夕マズメ時が定跡だが、フカセと違いポイントを転々とするルアー釣りでは人が少ない日中こそチャンスなんじゃないかと思いこんでいる。決して早起きがだるいわけではない。
ジグやメタルバイブを投げるとスズキがチェイスしてくるが、足元で見切られ結局エソしか釣れない…。地元の人によるとヤズ(ブリ幼魚)やダツの目撃情報があるがどれも沖合でルアーが届く範囲ではない。またこの防波堤はかなり奥まった場所にあり潮通しが悪く岸まで回遊青物が寄ってこなさそうである。2時間ほどで見切りをつけ俵ヶ浦へ移動。

俵ヶ浦に到着したのは14時を回る頃で下げ潮時。足元を覗くと大量のイワシと優に40を超えるチヌがウロウロしていた。
普段はコスパを考え100均ジグをメインで投げるが、このポイントは根が少ないのでここぞとばかりにダイワ サムライジグ赤金30gを沖合に遠投する。ボトムキープしたり水面引いたりタダ巻きしてみるも、やはりエソのラブアタックしかなく惨敗モードが漂った時、岸側で大規模なナブラが立った。すかさずジグをぶん投げると着水と同時にアタリが。
IMAG0440
上がったのはスレがかりした手のひらサイズのネリゴ(カンパチ幼魚)だった。
そしてほぼ一年ぶりとなるネリゴを見てあることに気づいた。メタルジグデカすぎなんじゃねと。思い返せば今まで釣れていたエソも6割はエラ付近のスレがかりであった。
そこで去年購入したはいいが一度も投げる事がなかった10gのジグを投げてみた。
IMAG0441
結果笑えるほど簡単に釣れた。ちょうど時合というのもあるが、明らかに小さいジグの方が反応がよく足元まで見切られず追いかけてくる。魚のサイズに合わせてルアーのサイズを変えるのは基本中の基本。だが釣れなさすぎてバカの一つ覚えで遠投していた自分が恥ずかしい。
その後も10gのジグで2匹のネリゴを釣って16時に早々納竿。
時には遠投性を犠牲にした方が釣果につながる。そんなスランプ脱出の希望が見えた釣行でした。

水草植毛から1ヶ月半が経過。結果から言うと大爆死となった。
IMAG0428
IMAG0429
IMAG0430
遠目から見るとそれなりに綺麗に見えるが、よくよく見ると黒髭苔の蔓延った汚らしい有り様。
原因は黒髭苔を撲滅せずに植えたことだろうが、爆発的に繁殖し始めたのは黒髭苔掃討作戦後からだ。
石組みを抜くとレイアウト崩壊するので限界まで水を抜きハケで酢をヌリヌリして枯らしていたのだが、それが彼らの生存本能に火を付けたのか大繁殖してしまった。
慌ててミナミヌマエビ部隊を1小隊投入するも黒髭軍には手も足も出ない。シシ神様の怒りは想像以上に根深かったようだ。

残る手立ては全リセットだがエビやらテトラやらいっぱい入れちゃったし行方知れずのローチ達の移し替えがマンドクセ…。夏前には重い腰を上げなければ。

ニューラージパールグラス、ヘアーグラスショートの栽植から1ヶ月が経過。
IMAG0413
IMAG0414
IMAG0415
ヘアーグラスは水中葉が生え揃いランナーが徐々に伸び始めているが成長スピードは非常に遅い。やはりソイルの大きさが影響しているのか、ちょいちょい抜けて根がしっかり張れていない模様。草原になるのは何ヶ月後になることやら…。
ニューラージパールグラスはクーリー・ローチに引っこ抜かれながらも成長している。どがんかせんばねー、と思いながらも放置プレイを決め込むのは、パールグラスを移植した場合にヘアーグラスがその猛威に晒されるのではないかという危惧からだ。決して面倒だからではない。

60cmハーフ水槽で25cmぐらいの並プレコを飼育しているが黒髭苔がえげつないほど繁殖している。
大磯砂利底面フィルター → 外部フィルター → 外掛けフィルター という濾過重視構成で管理していたが、大磯砂利に黒髭苔生えるわ週一で砂利掃除しないと結局糞堆積するわで大磯砂利に対する不信感だけが僕の中で大きく育ちました。やっぱウンコ製造機プレコを飼育するにはベアタンクにしてこまめな換水が一番楽そうだ。同居人のメダカにとって住み心地が悪くなるかもしれんが背に腹は代えられないということで、重い腰を上げてリセットを行った。

モスやら苔やらモサモサな水槽が
IMAG0408
IMAG0409
すっきりとした水槽に生まれ変わった。
ところどころ赤いのは黒髭苔に酢をかけて枯らした所できっとプレコやメダカが食べてくれるに違いないと信じ除去を怠った。流木の収まりが悪くプレコの隠れ家が無くなったので何かしら作ってあげようと思う。

植毛から2週間が経過。
IMAG0405
IMAG0406
IMAG0407
相変わらずヘアーグラスショートにほぼ変化はない。よく見るとカールした水中葉が伸び始めているが草原と呼べる代物になるにはまだまだかかりそう。ソイルが大粒すぎて上手く根付けてない感が半端ないが全リセットする気力が無いのでこのまま見守ろう。
ヒーターの下がクーリーローチの寝床になっているようで、パールグラスがしょっちゅう水面に漂っている。投入直後は活発に動き回っていたローチちゃんも、噂通りこんな形でしか存在を確認できない立派な引きこもりになりました。以前1匹☆になったのは確認したのだが一体何匹残っているのやら。貴重な寝床をかき回すのもあれなんでパールグラス区画の見直しが必要となりました。

水草植毛から1周間。
IMAG0398
IMAG0399

ニューラージパールグラスは如実に成長しているが、ヘアーグラスショートは水上葉が枯れ始めたぐらいであまり変化がない。ネオンテトラは1匹も落ちることなく元気に泳ぎ回っているので一安心。
去年の4月に20W蛍光灯電球がショートでお亡くなりになってから8W LEDで運用していたが、2つあるクリップライトソケットの片方が壊れたので、買い替えついでに20W蛍光灯電球に戻した。
18W * 2 + 20W * 2 となった無駄な光量で緑化計画進行中。

前回のあらすじ~
水槽立ち上げ一周年を記念して水草を苔とともに殲滅したらシシ神様の逆鱗に触れた気がしたので何とかしようと思った。

先ずはガラス面に付着しているしぶとい苔を落とす為にスクレーパーを新調すべく広田町にあるホームワイドへ向かった。今までは三角定規で代用していたが、薄いプラ製だと曲がって苔が取りづらい上に、うっかり手を離すとガラス面に吸着して面倒だった。
当初は手を濡らさずとも掃除ができる持ち手付きのスクレーパーの購入を考えていたが、商品棚を眺めていたら心惹かれる製品があったので即決した。その名も『浮くコケ取りスクレーパーおにぎり』。
曲げガラス水槽のコーナーやパイプの苔取りもこいつ一枚でカバー出来る優れもの。負荷が面に対し均等にかかるため、ムラなく綺麗にこそぎ落とす事ができた。黒髭苔の固い根もこいつならイチコロでした。

生贄はセール品の20尾680円叩き売りネオンテトラを購入した。去年の立ち上げ当初から水槽内に青みが欲しかったので良いタイミングだった。
次にお供え物として tropica 1.2.Grow のショートヘアーグラスとニューラージパールグラスをそれぞれ1000円で購入。生体より高い水草て。
グロッソスティグマも欲しかったが日当たりが悪い場所で管理されていて枯れ葉が目立ったので見送った。
今回ソイルを流用するので固形肥料も購入。炭酸カリウムで液肥を作る予定だったがどちらの水草も根からの吸着がメインのため肥料を埋め込むことにした。
また今まで発酵式でCO2を添加していたが、気温が低いこの季節は発酵効率が悪いのでCO2ストーンも合わせて購入。
最後に水草用ピンセットを購入。今まで菜箸を使っていたがヘアーグラスを植えるストレスに耐えれる気がしなかったので。合計約5000円也。

早速水槽の水を3/4程抜き焦土に植毛していく。カップから水草を出すと根にゼリー状のものが付いているので洗い流して大まかに株を分ける。初めてピンセットを使ったがもっと早く買えばよかったと後悔するほど便利だった。向かって左にヘアーグラス、右にパールグラスを植えた。
IMAG0387
適当に植えてテトラの水合わせをしながらコーヒーブレイクしていると、ヘアーグラスは5~10株ずつに分け高密度で植えたほうが良いとの情報が。余裕で50株以上の塊で植えていたので涙目になりながら引き抜いて小株に分けて植え直す。
IMAG0388
IMAG0392
最後の方は面倒になって20株単位になってたけどもういいや。
果たして焦土と化したこの大地は元の森に蘇るのか。ワクテカしながら見守ります。

リセットからほぼ一年が経過した。
前回の記事が去年の7月なので半年以上この日誌を放置していたことになる。もはや日誌とは呼べない代物だが、一周年なので気合を入れて執筆しよう。

とは言ったものの、この半年特に目立った事件は起こっていない。謎の病原菌によるゾンビ魚のアポカリプスや突然変異で生まれた二頭を持つラスボラ・ヘテロモルファなど存在しないのだ。
ポツポツと魚が星になり、ウィローモスとアメリカンスプライトが爆殖するトリミングが非常に面倒で面白みのない水槽となっていた。
水換えは週に1回でトリミングは2ヶ月に1回のペースで行っていたが、最近アオミドロの繁殖がミナミヌマエビの食欲を越えたらしく蔓っていたため駆除作戦を決行した。その名も地獄の焦土作戦。

IMAG0355
これが

IMAG0385
こうなった。

もう終わりだ。何もかも。森は死んだ…。
苔が増えている原因は、モスやスプライトが広範囲に広がったためエビ個体コケ取り面積のキャパシティを越えてしまったと判断した私は、無情にもすべての水草を苔と共に引っこ抜いたのでした。
新たなレイアウトのコンセプトは 『どこかうら淋しい石場と嘗て繁栄していたであろう大地の記憶』 とでもしましょうか。なんだこれは。
立ち上げ当初以上に閑散とした水槽を眺めていると言い表しようがない虚無感に襲われ色々捗るので、今度はグロッソやショートヘアーグラスを植えてシシ神様の怒りを収めようと思う。

おわり

IMAG0360

2016/10/01 大崎波止場

釣りをするのに一番良い季節、秋。
10月に入りやっと長崎でも朝晩は肌寒く感じる気候になってきた。相変わらず日中は30℃を超えるが、風が冷たいので夏ほどの過酷さはない。

この日は一週間前の台風通過日にサゴシを3尾揚げた大崎波止場へやってきた。
ここは段差が少なく、釣り人も少ないためとても釣りやすいポイントで最近のお気に入り。

釣り開始から2時間、ナブラも無くチラホラとフグが釣れるだけでエソすら釣れない。
遠投するのも疲れたので、足元に落とし底を取ると同時にゴンと重い衝撃が。
あー根掛かりだーとボヤきながら針を外すため竿を振っているとラインが走り出した。

IMAG0365
根掛かりではなくアタリだったのか、はたまた針が外れた瞬間に食ってきたか不明だが、揚げてみるとロリサイズのアコウが釣れていた。口からポロリと子イカが出てきたので一緒に記念撮影。
Mくんが物欲しそうな顔で見てきたので、太っ腹な私はこのロリをプレゼントした。

その後干潮を迎えるが一向に釣れる気配がしない。隣を見るとMくんは昼寝をしている。
チャンスと見た私は潮止まりを見極め適当にキャスト。丁度ジグを通している場所でベイトのナブラが起こったので竿を立て表層付近まで巻き上げる。そのままカーブフォールさせるとガツガツとしたアタリが。
IMAG0366

Mくんを叩き起こして無事にランディング。
40に届かないサゴシだったが、狙って釣り上げた喜びはこの上ない。
このサゴシは二枚に開き一夜干しの塩焼きで美味しくいただいた。

その後粘るが何も釣れず納竿。
先週釣れたぶん物足りなさを感じたが、ポイントがトータル5ポイントを越えた為、サゴシビギナーからサゴシハンターに昇格した。
次はサワラ級やヤズ、ネリゴの昇格を狙っていきたい。

IMAG0302

2016/09/19

台風16号九州上陸当日、意外と風雨がないため急遽釣りロマンを求めて海へと向かった。
昔は釣り人が台風の高波に飲まれたというニュースを見ると ”なんでそんな日に、、馬鹿だなあ” と思っていたが、今では我々も隙あらば釣りに行く立派な釣りバカに成長しました。

俵ヶ浦の新防波堤に着くと先客がチラホラ。さすがに普段より人数は少ないが皆さん雨具を着込んだガチ装備。
小雨がパラついているが風があまり無いため波は穏やかな状態だった。

釣り開始から1時間半、ネブラやアタリも無くエソすら釣れない渋い時間が流れたが、Mくんが釣れないね-と言った瞬間30弱のネリゴ(カンパチ)を足元で釣り上げた。
ネガティブ発言の後は高確率で釣れるジンクスはジギングでも有効のようだ。
連れたネリゴの後をほかの魚が追っていたようなので、足元にすかさず100均ロックジグ赤金カスタムを投入。
テンションフォール1秒後にラインが走りだしたのでフッキングしてぶっこ抜くと40弱のサゴシが。

IMAG0354
並べて写真を取ろうとすると仲が悪いのかどちらかが常に逆を向くのでそのまま撮影。
ジギング始めて1ヶ月ちょっとで念願のサゴシを手に入れたことにより、エソハンターの称号からサゴシビギナーへ昇格した。本当になんて遠い廻り道。

この後1時間ほど粘るが風も強くなり納竿。
サゴシとネリゴはMくんが刺し身にして差し入れしてくれて美味しくいただきました。
ジギングが楽しすぎてフカセに戻れない日々が続いている。