晴雨魚

長崎県佐世保市を拠点に巡り廻る釣り日誌と水槽日誌

IMAG0360

2016/10/01 大崎波止場

釣りをするのに一番良い季節、秋。
10月に入りやっと長崎でも朝晩は肌寒く感じる気候になってきた。相変わらず日中は30℃を超えるが、風が冷たいので夏ほどの過酷さはない。

この日は一週間前の台風通過日にサゴシを3尾揚げた大崎波止場へやってきた。
ここは段差が少なく、釣り人も少ないためとても釣りやすいポイントで最近のお気に入り。

釣り開始から2時間、ナブラも無くチラホラとフグが釣れるだけでエソすら釣れない。
遠投するのも疲れたので、足元に落とし底を取ると同時にゴンと重い衝撃が。
あー根掛かりだーとボヤきながら針を外すため竿を振っているとラインが走り出した。

IMAG0365
根掛かりではなくアタリだったのか、はたまた針が外れた瞬間に食ってきたか不明だが、揚げてみるとロリサイズのアコウが釣れていた。口からポロリと子イカが出てきたので一緒に記念撮影。
Mくんが物欲しそうな顔で見てきたので、太っ腹な私はこのロリをプレゼントした。

その後干潮を迎えるが一向に釣れる気配がしない。隣を見るとMくんは昼寝をしている。
チャンスと見た私は潮止まりを見極め適当にキャスト。丁度ジグを通している場所でベイトのナブラが起こったので竿を立て表層付近まで巻き上げる。そのままカーブフォールさせるとガツガツとしたアタリが。
IMAG0366

Mくんを叩き起こして無事にランディング。
40に届かないサゴシだったが、狙って釣り上げた喜びはこの上ない。
このサゴシは二枚に開き一夜干しの塩焼きで美味しくいただいた。

その後粘るが何も釣れず納竿。
先週釣れたぶん物足りなさを感じたが、ポイントがトータル5ポイントを越えた為、サゴシビギナーからサゴシハンターに昇格した。
次はサワラ級やヤズ、ネリゴの昇格を狙っていきたい。

IMAG0302

2016/09/19

台風16号九州上陸当日、意外と風雨がないため急遽釣りロマンを求めて海へと向かった。
昔は釣り人が台風の高波に飲まれたというニュースを見ると ”なんでそんな日に、、馬鹿だなあ” と思っていたが、今では我々も隙あらば釣りに行く立派な釣りバカに成長しました。

俵ヶ浦の新防波堤に着くと先客がチラホラ。さすがに普段より人数は少ないが皆さん雨具を着込んだガチ装備。
小雨がパラついているが風があまり無いため波は穏やかな状態だった。

釣り開始から1時間半、ネブラやアタリも無くエソすら釣れない渋い時間が流れたが、Mくんが釣れないね-と言った瞬間30弱のネリゴ(カンパチ)を足元で釣り上げた。
ネガティブ発言の後は高確率で釣れるジンクスはジギングでも有効のようだ。
連れたネリゴの後をほかの魚が追っていたようなので、足元にすかさず100均ロックジグ赤金カスタムを投入。
テンションフォール1秒後にラインが走りだしたのでフッキングしてぶっこ抜くと40弱のサゴシが。

IMAG0354
並べて写真を取ろうとすると仲が悪いのかどちらかが常に逆を向くのでそのまま撮影。
ジギング始めて1ヶ月ちょっとで念願のサゴシを手に入れたことにより、エソハンターの称号からサゴシビギナーへ昇格した。本当になんて遠い廻り道。

この後1時間ほど粘るが風も強くなり納竿。
サゴシとネリゴはMくんが刺し身にして差し入れしてくれて美味しくいただきました。
ジギングが楽しすぎてフカセに戻れない日々が続いている。

IMAG0309

アシストフックを作成するにあたりタイイングバイスは必須ではないが、あったら便利だと感じた。
Amazonでバイスを探したら最安値で約2,000円からあることが分かったが、せっかくアシストフック代をケチって自作しているのに工具でお金をかけたら元も子もない。
ということですっかりお馴染みとなったダイソーでいろいろと材料を物色してきた。

材料

  • ミニバイス
  • ロッキングプライヤー (200円)
  • 輪ゴムバンド
  • 瞬間接着剤
合計 500円

先ずはグリップ力向上の為に輪ゴムバンドを適当な大きさにカットし、ミニバイスとロッキングプライヤーの歯に瞬間接着剤で接着する。
IMAG0351IMAG0350
ミニバイスは底面が吸盤になっており、ツルツル面ならどこでも固定出来る仕組みになっている。
購入して間もないので経年による劣化は不明だが、現状がっちりホールドできている。

IMAG0352
テーブル等にミニバイスを固定し、ロッキングプライヤーを噛ませれば完成。とっても簡単。

ミニバイスのパーツがほぼプラスチック製なので多少グラつくが、セキ糸を巻きつけるぐらいの負荷は耐えている。あまり強く締め付けるとミニバイスが弾けそうで怖い。
また背が低いため若干操作性が悪いと感じた。
プライヤーと土台を固定するだけなら、クランプを組み合わせて作った方が強度/安定性/操作性も上がると感じた。

ロッキングプライヤーは柄を握る事でロックがかかり手放しでも針をグリップしてくれるため、片手が完全にフリーとなり作業性が上がる。またワンタッチでロックが外せるので針の取替えも簡単。

とりあえずはこの構成で試してみて、土台部分を改良していこうと思う。

IMAG0339

前回の100均ジグ改造に続き今回はアシストフックを作成してみた。100均で手に入る物を活用してなるべく単価を抑えて作成しようと思う。
材料※価格は定価で単価はシングルフックの場合
品目備考単位価格単価
よつあみ ガリス シーハンター 30号 150lb. 5m5cm5405.4
はり秀 チヌ針9号 50本入1個85017
ささめ 熱収縮パイプ4号(4.6mm) 70cm1cm2002.9
DUEL 平打強化リング3号(6mm) 24kg 15個入1個23815.9
ポリエステル ミシン糸60番 200m-100-
瞬間接着剤5本入り-100-

※今回リングを材料に入れているが必須ではない。100均のリングが信用出来ない人は交換してどうぞ。打出しのソリッドリングならもっと単価が抑えられます。

IMAG0341IMAG0342

1.アシストラインを9cm(シングルフックなら4~5cm)に切り、2~3mmの所に針を掛ける。
IMAG0344

2.ミシン糸で巻きつける。下糸を針に巻いておいた方が滑り防止になる。
IMAG0345
ボビンホルダーは100均ステン針金Φ0.9mmを曲げ、先端にボールペンの芯をマスキングテープで固定して作成。ボールペンの芯はライターで炙って切り口を丸くしている。ボビン内に接触するように針金を曲げておくとテンションがかかりしっかりと巻ける。

3.逆端に針が反対を向く様に付け、ミシン糸の部分に瞬間接着剤を染みこませる。
IMAG0346

4.熱収縮チューブを1cm付けてリングに結べば完成。
IMAG0347
IMAG0348

まとめ

慣れれば1つあたり約10分で作ることが出来る。
この材料で作成するとシングルフック定価単価で41円、ダブルフックで51円となった。リング無しで計算すると25円/35円となる。リングたけえ。
アシストラインはともかく針やリングは更なる単価削減が可能なので色々試していきたい。
また今回チヌ針は捻りタイプ使っている。フカセの際は捻りがあると餌掛けし易い+乗せやすいが、アシストフックとしてはどう影響するか楽しみである。針先が内側を向いているので根掛かりしにくそうではあるがスレ掛かりもしにくそう。

作成して感じたのはタイイングバイスは必須ではないが、あったら楽そうだなということ。
2~3個作る分には無くてもいいが、大量に作っていると針を摘んでいる手が痛くなってくる為、本格的に量産する際には購入を考えている。→なんちゃってタイイングバイスの作り方

IMAG0332

■ライトショアジギングはじめました

真夏日中の防波堤は日陰などなく、風が無い日には体感温度が優に40℃を超える過酷な環境である。
ほとんどの釣り人は朝マズメや夕マズメの過ごしやすい時間だけ釣って帰るが、そんな短時間の釣行では満足出来ない我々はフカセに代わる釣りを探していた。
そんな中選んだのがバスタックルでも出来そうなライトショアジギングだった。
暑いのはフカセもジギングも変わりないが、一定の場所を動かないフカセに比べ動きまわるジギングはなんぼかマシな気がする。
またバス釣りの楽しさ(ルアーアクション)とフカセの楽しさ(潮や風)をうまく融合した釣りだったので、ハマるのに時間はかからなかった。

当初5g~7gの小型ジグをバスタックルで投げる釣りをしていたが、軽いジグだと潮の流れや風に影響を受けやすいため、50gまで投げれるシーバスロッドと3000番リールを購入。
ここまで気合入れたのだから青物釣れるだろうと意気込んだが、根掛かりロストするばっかりでエソしか釣れない日々が続いた。
1日で5個無くす日もあり600円出してメタルジグを買うのが馬鹿らしくなりダイソーで売っている100均ジグに手を出した。

現在ダイソーで販売されているメタルジグは2種類。
ジグベイトとジグロックだ。
ジグバイト
IMAG0322
重量(g)18, 28, 40
カラーブルー ピンク オレンジ
備考重心がリア 細身なので沈むのが早い
Oリング、トリプルフック付き

ジグロック
IMAG0324
重量(g)18, 28, 40
カラーシルバー グリーン ブルーピンク
備考重心がセンターバランス 比較的ゆっくり沈む
Oリング、トリプルフック付き

箱から出してそのままぶん投げるのも良いが、多少手間をかける事で100円とは思えない程のメタルジグとなる。それもすべての材料がダイソーで揃うというお財布に優しい世界。

■100均メタルジグ改良

塗装コーティング

塗装はさすが100円と言わざるをえないクオリティであり、数回投げるだけでボロボロと剥がれ落ち最終的にシルバーになる。
対策としてほかのサイトでもよく紹介されている、100均のトップコートでコーティングをしている。
トップコートには何種類かあり、私は主にスーパーグロッシー(赤キャップ)を使用している。当初は強度を考えハード(紫キャップ)を使用していたが、重ね塗りすると曇るので艶押しのスーパーグロッシーを2~3回塗りしている。(重ね塗りするとトップコートが溶けてる模様なので1回だけで十分かも)
トップコートだとほぼ気休めで、何回かの釣行でコーティングが剥げ始める。何度も塗り直すのが面倒な人はウレタンコーティングした方が強度も手間もかからない。私の場合はトップコート剥げる前にだいたい根掛かりロストするのでこの方法で十分と考えている。
IMAG0327


カラーチェンジ

塗装が剥げ落ちたジグや不人気カラー(グリーン、オレンジ等)にも使い道がある。
100均のホログラムテープを貼りコーティングすることでオリジナルカラーとして使用することができるのだ。
おすすめは7色(金、銀、赤、紫、青、緑、黄緑)入りのホログラムテープ。テープ幅は8mmと少し狭いため全面に貼るのは面倒だが、定番カラーの赤金等の複合色を作る際にはちょうどいい幅となっている。
アイシールが残っている場合は一旦外して、テープを貼り瞬間接着剤で貼り直し上記のコーティングを施せば、100均とは思えないジグへと生まれ変わる。
IMAG0329

えっ!!100均ジグでゼブラグローを!?

100均には蓄光シールが売られている。それを適当な幅で切って貼ればゼブラグローも再現可能。
こちらも色々な種類が売られているがおすすめは小丸型とテープ型。
小丸型はアイにアクセントとしてそのまま貼るも良し、半分にカットして全体に散りばめるも良し。
テープ型は適当な縦型にカットしてゼブラなどにどうぞ。
最後に塗装コーティングを施せば立派な夜行メタルジグに。
IMAG0340

トリプルフック・アシストフックについて

付属のトリプルフックについては皆さん付け替えたりしている模様。
1回の釣行で錆びるのにはさすがの私も苦笑い。だが錆で折れるレベルまで使い回したことがないのでそのままでいいと思っている。

アシストフックは青物を狙う場合は付けた方がいいと感じた。
以前トリプルフックが一箇所もかからず、メタルジグが水平に口に引っかかる形でネリゴを釣った経験がある。陸に上げ軽く振っただけでジグがポロリと取れたので、少しでもテンションを弱めたらバレていた魚だった。
針なくても釣れるんだ~と関心したと同時に、アシストフックの重要性を認識出来た。
アシストフック自作のページはこちら

IMAG0298
前回のトリミングから二ヶ月経過。
相変わらずアメリカンスプライトの繁殖能力には驚かされる。
モスマットも伸び放題で石に根を張り始めていた。
重い腰を上げていざトリミング開始。

IMAG0301
ちぎっては捨てを繰り返し1時間後には閑散とした水槽となった。
モスマットの下には最近めっきり姿を見せなくなったクリーローチがわさわさいました。
とりあえずこれであと2ヶ月放置できる。

ひとつ気になったのがエビの体色がやたら赤いこと。水温高すぎて半分湯だってんじゃないのかってぐらい赤い。
この季節日中水温がかなり高くなるので放冷対策を考えなくては。

IMAG0300
抜いた水草はプレコ&めだか水槽に移植。
知人からもらっためだかもすくすく育ってます。

IMAG0362

九州は梅雨明けが発表され夏本番となった。
日中に竿を出していると、ぼたぼたと大粒の汗が滴る。こまめに水分を摂らないと脱水症や熱中症になるので気をつけましょう。

7/23(土) 10:00~17:00 はこの日は大崎の波止へ。
ピーカンの日中なので殆ど人がおらず貸切状態での釣行となったが、コッパグロ、イワシ等のエサ取りが大量に湧いており釣りにならなかった。
暇つぶしに投げたメタルジグは根掛かりで3つロストし、愛用していた浮きも根掛かりで海の藻屑となった。
得られた釣果はイワシが10匹程度と散々な結果となった。

翌日24(日) 17:00~ リベンジを賭けて東浜へ夕マズメ釣行。
一投目からMくんの竿に良型のアジが掛かる。やっぱりホームグラウンドは安定感あります。
その後アジやメイタをちらほら釣っていると強烈な引きが。
横に走りだしたのでボラかとがっかりしたが寄せてみると白く平たい魚体が。チヌにしては白いしヘダイにしては引きが強い。
慎重に上げると黄色いヒレのキビレ(キチヌ)でした。
IMAG0297
ここでキビレが釣れるのは噂話で聞いていたが、初めてお目にかかれた。
また人生2匹目のキビレでサイズも更新。30前後しかないのにボラに匹敵する力強い引きを楽しませてくれた。
チヌより美味とのことなのでMくんに試食してもらうことに。

その後キスやアジを釣って20時に納竿。
秋になると夜釣りでアジが釣れるが、今はまだ暗くなるとぱったりと釣れなくなる。
前日の屈辱を見事果たした釣行となりました。

IMAG0291
立ち上げから2ヶ月半が経過。
釣りシーズンの到来により放置気味になった水槽は、水草が大繁殖しており魚達が手狭そうに泳ぐジャングルと化していた。
もさもさ水槽も嫌いではないが餌が与えにくいのでごっそりトリミングを行うことに。
IMAG0293
無心で水草を引っこ抜き立ち上げ当初の閑散感を取り戻した。
だだ余りした袋いっぱいの水草はMくんにメダカと交換してもらった。

ゴールデンウィーク初日の4月29日、二週間ぶりの釣りに出かけた。
天気は快晴。前日が仕事の納品日だったこともあり清々しい気分での釣りとなった。

場所はホームグラウンドのH町の防波堤。
GW初日なので人が多いかと思ったが、自分たちのほかに家族連れが2~3組いるだけだった。
俵ヶ浦など有名スポットでは多い日に3m間隔ぐらいで釣り人がいるので早朝からの場所取りが大事だが、ここはあまり知られていないのか人が少なくとても釣りやすいスポットである。
また良型のチヌやアジが釣れ、去年からは大量のサヨリが湧いているので晩ごはんのオカズには困らない素敵な釣り場となっている。

IMAG0279
13時から実長開始。
コマセはいつも通りMくんと二人で1セット。この日はヌカが尽きてたのでオキアミ1角と集魚剤1袋。
集魚剤はその日の気分によって選ぶが西京物産の”チヌの舞”を選ぶことが多い。集魚剤は臭いイメージがあるがこれは赤味噌のいい匂いがする。

釣り開始から1時間ぐらいでMくんが25cmぐらいのメイタを釣り上げた。(こちらの地方では小型のチヌをメイタと呼びます)チヌは大型になると身が柔らかくなるので、塩焼きや煮付けにするには20cm前後のメイタが一番美味しい思う。
その後Mくんがメイタやメバルを釣り上げたが、自分の竿にはボラしか掛からず。

日も傾き晩ごはんのおかずは唐揚げにしようかと考え始めた矢先、重たい当たりが。
上げてみると40cmオーバーのチヌでした。
IMAG0276
肛門が赤く、腹がパンパンで絵に描いたようなのっこみチヌだった、
タモを持っていないので、このサイズを引き上げるときはいつもドキドキです。

その後30後半ぐらいのチヌを釣り上げ納竿。
IMAG0281
IMAG0287

~本日の釣果~
チヌ*2
メイタ*2
メバル*2
サヨリ*1(フレームアウト

まずまずな釣果でした。
Mくんにチヌをメイタと交換してもらい、一夜干しにして塩焼きで美味しく頂きました。

立ち上げから1ヶ月半。
水槽に地震の被害はなく、Mくんが水草をぜんぜん取りに来ないのでモッサモサである。
IMAG0274
IMAG0275
電灯を電球型蛍光灯20WからLED8Wに変えた為かアメリカンスプライトの元気がなくなり、ところどころ茶色に変色している。やっぱ白熱灯100W相当の明るさは必要なのかしら。
これでも蛍光灯18W*2 ペンダントライトLED8W*2 の明るさマシマシなのに…。

IMAG0273
ぼーっと水槽を眺めていたら5mmほどの小さなエビを発見した。(写真中央)
順調に繁殖している模様で一安心。
毎回いつの間にか絶滅しているので、今回はこの儚い命を大切に繋げようと思った気がした春の宵でした。