晴雨魚

長崎県佐世保市を拠点に巡り廻る釣り日誌と水槽日誌

リセットから15日経過。
油膜が発生しているので2日に一度の水換えを行っている。油膜の場合はあまり換えない方がいいのかな。
生体はモリモリ餌を食べているので大丈夫な模様。
イースト菌を買ってきて発酵式CO2添加もスタートした。

IMAG0257
IMAG0259
IMAG0260

プレコタブレットに群がるエビとクーリーローチ。とてもかわいいです。
IMAG0254

また昨日Mくんからブラインシュリンプの卵を貰ったので孵化計画も進行中。
IMAG0261
茶色のつぶつぶが卵。とっても小さい。

2016 : 3 : 20 Sun 8:30~ Y 野池と S 野池にて

先週に引き続き後輩と共にY野池へと繰り出した。
天候は晴れだが放射冷却の影響か気温は10℃に達しておらず湖面は静寂そのものである。

IMAG0241
とりあえず食い気のあるバスを狙うためワンド内を中心にスピナーベイトを流してみるが反応は無い。
岩が多く沈んでいるポイントなのでクランクベイトに切り替えリアクションバイトを誘う。
ルアーを投げるたびに大量のアオミドロを回収するので萎えて先週ランカーを上げた最奥のポイントへ移動する。

IMAG0242
陽も高くなり徐々に気温も上がって来たが相変わらずの無風で環境の変化が乏しい。
オーバーハングのシェードにワームを投入するも反応無し。

ここ3週間、連続で来ているのでプレッシャーが高まったのだろうか。
11時まで粘るがノーバイトで次の野池に移動。

IMAG0243
S町の野池に13時頃到着。
この池は夏から秋にかけロリバスが二桁釣れる絶好のストレス発散ポイントなのだが、こちらも今日は生命反応が薄い。
後輩のワームに何度かバイトがあった模様だが結局あげることは出来なかった。

先週よりコンディションは良くなったように感じたが、思ったより水温が上がらず渋い釣りとなった。
昼は15℃まで上がっても夜に一気に冷え込むため、魚達のエンジンはまだ掛かっていないのかな。
4月になるまで大人しくしておこう。

リセットから8日目。生態投入から1日目。
IMAG0251
IMAG0253IMAG0246

1匹のミナミヌマエビが☆になったがほかの生態は元気そうで一安心。
たった一日でアオミドロと茶苔が無くなってしまった。
さすが水槽掃除人のオトシン&ミナミヌマエビ。いい仕事です。
IMAG0252

1週間経過したところで、これでもかと魚を投入。

IMAG0236
IMAG0238
IMAG0239

新しい家族たち
・クーリーローチ × 5
・オトシンクルス × 3
・ラスボラ・エスペイ × 5
・プリステラ × 5
・グローライトテトラ × 10
・実家産ミナミヌマエビ × 約40

閑散としていた水槽が一気に賑やかになりました。
ハイターの影響もなさそう。頑張って苔を食べてくれ!

リセットから6日目

IMAG0231
IMAG0232
IMAG0233

少しづつ成長し始めた水草達。
プレコ水槽に入れていた非常食 (モスマット) もこちらの水槽に移植。
ついでに招かざる客のアオミドロも発生した模様。エビの投入を急がねば。

水晶水槽として運用していた60cm水槽。
1年半ほど放置していたらウィローモスだけが生い茂る腐海と化していました。

何故そんなに放置していたかというと、プレコを導入 したのが事の発端です。
巨大化を恐れ餌の量を抑えていたせいか、すべての水草を食い荒らしてくれました。
それからというもの、夜な夜な暗く淀んだモスの隙間から王蟲のようなつぶらな瞳をしたプレコがこちらをじっと見つめる腐海水槽となりました。
それを見るたびにユパ様の「また村がひとつ死んだ」という言葉が思い浮かび感傷に浸るを繰り返しました。

そんな素敵な夜を過ごすうちに、これではいかんと思いたち親友のMくん(Nt.p)に援助を懇願し水槽リセット計画を発動しました。
私は運転免許を持っていないので必然的にMくんの助けが必要となるのです。

まずは密林でソイルをポチり届くのを待ちます。今回はジュン (JUN) プラチナソイル ブラックタイプ パウダーを13Lほど購入しました。
ついでにエーハイムクラシックフィルター2213もポチリました。今まで上部フィルターで運用していたのですが水草のことを考えたら外部フィルターの方がいいと考えました。
こんな西の果てでも翌日に届きました。黒猫が過労死しないか心配です。

Mくんの快適なドライビングテクニックに揺られながらホームセンターまで水草を買いに行きました。今回はロタラ、アメリカンスプライト、名称不明のシダ植物、アクセントにルブラを購入しました。
また以前から自然石を使ったレイアウトにチャレンジしてみたかったので、小川のある近所の公園で適当な石を調達しました。カワニナの卵やらなんやらグロテスクなものがいっぱい付いていましたが、どうせ洗うので気にしません。
Mくん曰く佐世保川でシジミが取れるとのことなので、ついでにシジミも調達して帰りました。

我が家にはもうひとつ水槽(60cmスリム)があり、ある事件により空き家となっていたのでそちらに生態を移動させました。
黒髭苔が大量に蔓っていたのである程度の水と古ソイルを抜いてハイター攻めにしました。ガラス面に付いた苔に原液をかけると、面白いほどに一瞬で枯れていきます。
本当は酢等の自然製品を使ったほうが生態に優しいのかもしれませんが、この時の私の心にそんな生ぬるい考えは持ちあわせていませんでした。
再度水を貯め、水槽パーツも一緒に30分ほどハイター漬けを行いました。

その後丹念に枯れた苔を除去し、ハイターを洗い流しました。
あとはソイルと石を適当に組んで水草さして完成。
こんな感じに仕上がりました。

IMAG0227_r

IMAG0228_r

IMAG0229_r

IMAG0230_r

※写真はリセットして4日目のもの

なかなかいいんじゃないでしょうか。
早く生態を入れたいですが水質安定のため1週間はこのままフィルタを回し続け様子を見ます。

2016 : 03 : 13 Sun 13:30~ Y 野池にて

会社の後輩がバス釣り経験者で新しい釣り場に行ってみたいとのことで、ホームグラウンドの野池を案内することにした。
海釣り仲間はいるけどバス釣りが好きな知り合いは少ないから新しい仲間は嬉しい限りです。

3月といえば温かい日もあれば冬のように凍てつく日もある不安定な季節。
この日は最高気温12℃ 曇りのち雨 とお世辞にもいい天気とは言えない天候だった。
一週間前の最高気温は22℃まで上がりバスたちも産卵を意識してシャローに出ていたようだが、この寒さではまたディープに潜った可能性が高い為、気温が最も上がる昼からの釣行となった。

IMAG0214

この野池は15年近く通っている池で、当時は手のひらサイズのロリバスが入れ食い状態のハーレムポイントだったが、現在では順調にバスが育ちアベレージサイズが40を超えるビッグバスフィールドとなっている。
小型のバスがほぼ釣れないので個体数が減ってきていると思われるが、ブルーギルやザリガニが豊富なのでしばらくは安泰と思う。
また去年の秋から6連続バラしの失態を抱えている池なので今回は屈辱のリベンジ戦でもある。

とりあえずスピナーベイトで様子を探る。
最奥のポイントまで岸壁を中心にスローリトリーブで1時間ほど通すが反応はない。
やはり冷え込みの影響で岸側には付いていない模様。
小雨がぱらついてきたのでミノーをトップ気味に泳がすが反応無しで想像通りシビアな感じ。

最奥のオーバーハング+倒木のポイントでストレートワーム スプリットショットリグを落としてみる。
水深が約1.5mあり、ディープレンジに隣接したポイントなので魚が付いていると踏み丹念に打つと狙い通りバスが食らいついてきた。
PEライン6lbを巻いているので切られる心配は無いが、リーダーがナイロン8lbで何度かランディング中に切られた苦い思い出があるので、慎重に寄せネットでキャッチ。

IMAG0220

上がったのはギリギリ50cmに届くぐらいのプリプリなバス。
色が濃いのでやっぱやる気のあるバスはシャロー付近で春の訪れを待ってるんだなあと実感。

この後1時間ほど粘るが雨脚も強くなり気温も5℃に下がった為撤収。
後輩が釣れなかったのが悔やまれるが思い通りにならないのもまた釣りの面白さ。
(リベンジ果たしてるからこんなこと言えるのだが)

春がほんの少し近づいた気がした釣行でした。


◆◇タックル◇◆
ベイト
ロッド : Daiwa バスX 632MB
リール : SHIMANO バスライズ
ライン : サンライン バススペシャル 16lb.
ルアー : がまかつ マイクロスピン Wウィロー

スピニング
ロッド : Abu Galcia Hornet KillerBee HKC-631LS MGS
リール : SHIMANO サハラ 1000s
ライン : Daiwa UVFサーフセンサー 6lb.
ルアー : Jackall Cobra Tail 4.8

号 >> グラム
gg
8G0.070.31.13
7G0.090.51.88
6G0.120.83.00
5G0.1613.75
4G0.201.55.62
3G0.2527.50
2G0.31311.25
1G0.40415.00
B0.55518.75
2B0.75622.50
3B0.95726.25
4B1.20830.00
5B1.85933.75
6B2.651037.50

号 >> lb.(ナイロン/フロロ)
lb.強度(kg)直径(mm)
0.831.40.15
141.80.17
1.562.70.21
283.60.24
2.5104.50.26
3125.40.29
3.5146.30.31
4167.20.33
5209.10.37
62210.00.41
72511.30.44

号 >> lb.(PE)
lb.強度(kg)直径(mm)
0.662.70.21
0.883.60.24
1104.50.26
1.2125.40.29
1.5156.80.31
2209.10.33
2.52511.30.41