P_20190624_190956
  立ち上げから3ヶ月半が経過。類稀な規模の白濁りが発生した。どうやらシシ神さまの怒りはまだ収まっていないようだ。
  原因は恐らく1週間前に行った外部フィルター掃除の際に、水道水で盛大に濾材を洗ったことだと思われる。もちろん濾材は飼育水で洗う、という常識を知らなかったわけではないが、今まで水道水で洗っていて白濁が発生したことが無かったので「ほんとにバクテリア死滅すんだー」と感心した。
  今までのレイアウトは多種多様の水草+ウィローモスを必ず入れており水中栄養素を消費しやすい環境だったため、バクテリアの死骸が目立つ前に水草の栄養源になっていて気づかなかったが、今回はグロッソスティグマという根からの栄養吸収メインの水草のみなので如実に影響が出たと思われる。

P_20190624_191034
  視程10cmという濁りの濃さだが光は届いている模様でグロッソは元気そう。光量低下とミナミヌマエビを追加したお陰もあり、葉に付着していた苔が減ったように感じる。

  ミナミヌマエビが死ぬ原因を高頻度の水換え(週2)と推測し、エビ導入後1週間放置プレイをかましたら盛大な白濁りが発生。濁りの原因はほかにあるとしてもなかなか一筋縄ではいかないのがアクアリウムの醍醐味。
これはこれで幻想的で綺麗なので、プレコ水槽の水を移植しつつ少しずつ濁り解消していく予定。